スマホ操作中もできる! ほうれい線エクササイズ

女性の見た目年齢に大きな影響を与えるのが、ほうれい線です。 顔の中でも目立つ部位にあり、あるのとないのでは大きな差が出てしまいます。そんなほうれい線トラブルを少しでも解消するための方法を紹介します!

ほうれい線ってどうしてできるの?

ほうれい線とは、頰から口にかけて伸びる皺(しわ)のことを言います。年齢を重ねるとともに深くなっていくのが一般的ですが、女性にとっては見た目年齢を大幅に老けさせるいわば大敵。
ではなぜこの皺(しわ)はできてしまうのでしょうか。その大きな原因は、頰のたるみ! 加齢により頰肉が下垂することにより、目立つ皺(しわ)ができてしまうというわけです。

大切なのは「笑顔」

そもそも、なぜ加齢により下垂が起きてしまうのでしょうか。そのポイントとなるのが表情筋です。笑うときなどに自然に使う筋肉ですが、当然のことながら使わないと衰えます。
テレビや友だちとの会話で笑っているつもりでも、無表情でスマートフォンやパソコンに向かっている時間の方が長いと思いませんか?
また、「なんだか恥ずかしい」と人の目を気にして表情を大きく動かすことを躊躇(ためら)っていませんか? このように、無意識の中で表情筋は少しずつ衰えてしまうものなのです。
アゲ活しているみなさん、無表情は周りに不快感や悪い印象を与えだけでなく、たるみを引き起こします。口角を上げて、笑顔を意識して過ごしたいですね。

ほうれい線対策におすすめのアゲ活

ほうれい線対策として効果が期待できるのが、顔面運動をして筋力アップを目指す対策です。単純に口を動かせば良いと思いがちですが、やり方によってはより皺(しわ)を濃くしてしまうケースも……。ダメージを与えないためには舌を活用するのがおすすめです。
まずは舌をうんと前に伸ばし、先端部分を上に上げます。この動作を5秒1セットとして、3セット行うのがおすすめです。また、口内でエクササイズを行うのも良い方法! 舌部分を口内でぐるりと一周させましょう。上前歯より前、左頰、下前歯より前、右頰とまわします。
これならスマートフォンやパソコン作業をしながらでもできるアゲ活ですね。

無料でもらえる!たるんだ顔を引き上げるリフトバンド付無料サンプルはこちら

エクササイズだけじゃだめ!乾燥対策も忘れずに

ほうれい線エクササイズをしたからといって安心していてはいけません!
肌へのダメージを防ぐ「守りのケア」も重要です。乾燥や紫外線、ストレスによる悪影響も無視できません。日頃から肌を健康に保つよう、スキンケアも忘れすに!

薬用化した元祖保湿ゲル