美肌の基本!肌質別クレンジングの選び方

あなたにあったクレンジング、選べていますか?

メイクをきちんと落とすことは、スキンケアの第一ステップ。キレイに魅せるために施したお化粧も、しっかりオフできていないと黒ずみやくすみなど、肌トラブルの原因に!
肌質別におすすめのクレンジングと、それぞれの特徴をご紹介します。

ふきとり派? 洗い流す派?クレンジングを比較!

一般的に、メイクを落とす主成分は油分か界面活性剤のどちらかです。

ウォータープルーフタイプのマスカラや、濃い目のメイクが多い方は、油分がもっとも多く含まれているオイルクレンジング、または界面活性剤で落とすリキッドクレンジングを選ぶと短時間で落とせます。

また、コットンを使うふき取りタイプは摩擦が起き肌に刺激を与えるため、肌トラブルがない人に向いています。

成分自体がお肌に優しいのはミルククレンジング。でも、メイクを落としきれなければ逆にお肌の負担になります。

その中間のクリームやジェル・ゲルクレンジングはバランスの取れたタイプで、独特の質感でお肌老化の原因になりやすい摩擦が減らせるのがメリット。成分はメーカーによって違いますが、油分が多めの場合は、一度手のひらで温めてから使うとメイクの落ちが良くなります。

このように、クレンジングはタイプによって洗浄力に差があるので、あなたの肌質やメイクの濃さを考えて合うものを選びましょう。ゴシゴシ擦らなくても、メイクやクレンジングが肌に残らないものを選ぶのがポイントです。

ベースメイクとポイントメイクは別に考えて、濃いマスカラなどは専用リムーバーを使うと、薄い目元の皮膚への摩擦を減らすことができます。

もうすぐ2016年、これを機にスキンケアを見直して、新年は自分に合ったクレンジングで迎えましょう。

皮膚の専門家が作ったクレンジング一覧