あなたの化粧品、薬用?医薬部外品? 効き目が違う 化粧品の種類

化粧品と医薬部外品、どう違うのでしょうか? 化粧品の中には「医薬部外品」や「薬用」と表記されたものがあります。化粧品なのに「薬用」って薬なの? 「医薬部外品」って薬とはどう違うの?  化粧品の種類 に関する疑問について、分かりやすく説明します。

化粧品と医薬部外品、どう違うの?

化粧品の中には「医薬部外品」や「薬用」と表記されたものがあります。

化粧品なのに「薬用」って薬なの? 「医薬部外品」って? という疑問について、分かりやすく説明します。

化粧品の種類は3つに分かれる

化粧品は、医薬品医療機器等法で定められた3つの分類(化粧品、医薬部外品、医薬品)でその種類が分かれています。それぞれがどのような意味を持ち、どう異なるのでしょうか。

1.化粧品

化粧品は美容を目的として開発された商品のことです。「化粧品」というくくりは、実はファンデーションやアイシャドウなどのメイクアップ用品以外にも、さまざまな商品が該当するのです。

「えっこれも化粧品?」という意外な商品もあり、例をあげるとバスソルトや歯磨き粉も化粧品とされています。作用は医薬品や医薬部外品に比べると緩やかです。

2.医薬品

医薬品とは、医薬的効果のある成分が配合された治療や予防に効果のある薬品です。医療用医薬品は医師が処方する薬。一般用医薬品は、医師の処方箋なしで購入ができる薬です。そのため医療用医薬品に比べて作用は緩やかですが、化粧品や医薬部外品と比べると効き目の強いものが該当します。

3.医薬部外品

医薬部外品とは、この医薬品と化粧品の間に位置するものです。医薬品ではありませんが、医薬品に準ずるものです。ある目的に対する有効成分が定められた量が配合されているもので、効果はあるけれど、医薬品ほどの強さではなく予防のために使われます。ちなみに、薬用化粧品や薬用石鹸は、医薬部外品に該当します。

なお、医薬品・医薬部外品は「有効成分」を記載することができます。化粧品は「有効成分」という謳い方はできません。なので、化粧品の全成分表示を見るとき、その商品が医薬部外品なのか化粧品なのかは「有効成分」の明記があるかで分かります。

医薬部外品の代表薬用ゲル

薬用有効成分「グリチルリチン酸2K」が肌あれやニキビなどを防ぎ、肌の炎症を抑える薬用ゲル

ドクターシーラボの薬用ゲルは、皮膚の専門家が開発した医薬部外品です。

医薬部外品は、医薬品医療機器等法の基準に基づいたエビデンスと審査承認のもと分類され決められるもので、ドクターシーラボの薬用ゲル保湿に優れているだけではなく、お肌のコンディションを整え、トラブルを予防します。

いつものお手入れではもの足りず、お肌により向き合い予防を目指したい人におすすめの商品です。

皮膚の専門家が開発した医薬部外品の薬用ゲル