美容からダイエットまで効果がスゴい! EMSの選び方 教えます

EMSといえばボディ用ダイエットのイメージが強かったですが、今ではフェイス用としても大人気。小顔対策だけでなく顔のたるみ対策にも使えるすぐれものなのです。

EMSといえばボディ用ダイエットのイメージが強かったですが、今ではフェイス用としても大人気。小顔対策だけでなく顔のたるみ対策にも使えるすぐれモノなんです。

EMSとは? EMSのメカニズムを解説

EMSとは、Electrical(電気)、Muscle(筋肉)、Stimulation(刺激)の頭文字を取ったもので、運動・美容分野で注目を集めています。

普段私達が体を動かせているのは、「筋肉を収縮させろ」という指令が、脳→神経→筋肉と微弱な電気信号により伝達されることで実現しています。これを利用し、神経へ微弱な電気刺激を与え、人工的に筋肉を収縮させているのがEMSです。筋肉が収縮しているため、筋力トレーニングやダイエット効果が見込めます。

美容からダイエットまで、EMSのスゴイ効果とは

今EMSが注目されているのにはワケがあります。

顔のたるみの原因のひとつに「顔の筋肉の低下」があります。顔を引き締めるためには、顔の筋トレ「表情筋トレーニング」が効果的です。しかしこの表情筋、普段は全体の30%しか使っていないのです。つまり顔全体の表情筋を鍛えるには、表情筋トレーニングだけでは限界があるのです。EMSなら、普段ほとんど使うことのない70%の筋肉も含め、顔全体の表情筋を短時間で効果的に鍛えることができるのです。

EMS機能搭載機器の上手な選び方とは

たくさん発売されているEMS機能が搭載されている商品の中からどう選べばよいのでしょうか?ポイントを3つお教えします。

いろいろ機能盛り込み型より特化型を選べ!

既に比較検討されている方はお気づきかも知れませんが、顔のたるみ・小顔対策以外の機能が盛り込まれているものも多くあります。

もちろん求める効果であれば検討の価値はありますが、その分お値段も高くなります。また、もし幾つかの機能を求めるのであれば、それぞれの機能に特化したモノを選ぶ方が、結果として機能もよくリーズナブルに済む可能性があります。

EMS・超音波・温感・LED搭載。わずか10分でフェイスラインを引き締めるEMS搭載美顔器「エステアップ 4」。通常価格¥17,800(税込)

タイプを見極めよ

EMS効果の期待できるモノとしては、貼って待つタイプ(部分ケア)やローラー型、ボディにも使える応用型などがあります。それぞれの効果の範囲を見極めて、自分に必要な効果が得られるものを選びましょう。

皮膚の専門家が開発! EMS搭載美顔器

費用対効果を見極めよ

同じような機能の商品なのに、数万円~10万円以上の価格の開きがあります。自分に必要な効果が得られれば、高いものを買う必要はありません。何が必要なのかをしっかり見極める必要があります。また、専用ジェルが必要なものもありますので、ランニングコストも考えて購入しましょう。