開封前は3年なのが、開封後は●ヶ月に?! 化粧品の使用期限

化粧品の使用期限 はいつまで? その答えは開封前と開封後、また保存状態についても異なります。その考え方と、化粧品の正しい保管方法についてまとめました。化粧品には使用期限がありますが、開封前と開封後で大きく異なります。また、保存状態によっても化粧品のもち具合も左右されますので気をつけましょう。

化粧品の使用期限 はいつまで? その答えは開封前と開封後、また保存状態についても異なります。その考え方と、化粧品の正しい保管方法についてまとめました。

化粧品の使用期限 って?

化粧品には使用期限がありますが、開封前と開封後で大きく異なります。また、保存状態によっても化粧品のもち具合も左右されますので気をつけましょう。

開封前の使用期限

開封前の使用期限は、一般的に製造日から3年以内といわれているのをご存じですか? ところが多くの化粧品にはこの製造日の記載がありません。

これにはからくりがあり、化粧品を取り巻く法律「医薬品医療機器等法」が関係しています。医薬品医療機器等法では、「製造又は輸入後3年を超えて性状及び品質が安定なものは使用期限の表示を行わなくても差し支えない」としています。つまり、3年以上品質を保てる商品については製造月日をつける必要がないのです。多くの化粧品は3年以上もつように作られているということです。

開封後の使用期限

一方、開封後は保存状態や商品にもよりけりですが、化粧品全般では3~6ヶ月を推奨します。

りんごが茶色くなるように、化粧品も空気に触れると劣化 (あるいは品質が低下)し、肌トラブルの原因を引き起こす原因になってしまいますので、開封後は早めに使いきるようにしましょう。

化粧品をよい状態で保存するために

温度や湿度に注意!

化粧品の劣化を防ぐために最適な場所とは・・・? 下記のポイントを参考に、自宅でどこが化粧品を保存するのに向いているか探してみましょう。

  • 温度変化がすくない状態・・・日中温度が上がる場所は避け、一定の温度を保ちましょう。
  • 直射日光が当たらない状態・・・車の中や窓のそばなどは避けましょう。成分の分離などが起こる場合があります。
  • 湿気がすくない状態・・・水分ベースの化粧品は特に細菌が繁殖しやすいです。湿度の高い場所での保管は避けましょう。

冷蔵庫で保管

暑い時期、冷たく冷やしたローションやゲルは気持ちよいもの。保管する化粧品が低温でも品質が安定するジェルタイプなどはおすすめです。

また、冷蔵庫で保管する際は、衛生状態には気をつかいつつ、使いきるまでは冷蔵庫で保管しましょう。

冷蔵庫では野菜室(6℃前後と冷蔵庫の中でも一番温度が常温に近いので急激な温度変化を起こしにくい)やドアの裏側(比較的温度が高め)で保管するとよいでしょう。庫内の環境を清潔に保つため、こまめに掃除をし、雑菌の繁殖しやすいものからは隔離しておきましょう。

ただし、化粧品は気温の変化に弱いので1度冷蔵庫に入れたら、使いきるまで同じ環境で保存しましょう。

試供品の使用期限

「あれ? このサンプルいつもらったんだっけ・・・?」なんてことありますよね。

サンプルは基本的には化粧品本体と同じ使用期限ですが、容器は簡易包装のものもあるため、できれば1年以内に使用しましょう。パウチは開封したら使いきるようにしましょう。

化粧品の安定性を高めるための成分について

化粧品を安全・安定に使用するために、どのような成分が使用されているのでしょうか?

防腐剤

防腐剤の役割とは、製品の傷みを予防するものです。細菌やカビにとってエサとなる成分が含まれる化粧品の品質を守ります。

殺菌剤

殺菌剤の役割は肌にいる微生物を死滅させるために使うものです。

酸化防止剤(抗酸化剤)

酸化による化粧品の傷みや、肌への刺激を防ぐよう酸化反応が起きないようにするものです。

化粧品をよい状態で使い切るには?

せっかく買った化粧品は、なるべく長持ちさせて安全に使い切りたいですよね。化粧品を上手に保管するコツをご説明します。

  • 肌に直接触れる使い方をしない
    ジャータイプの化粧品を使用する時は、雑菌が入るのを防ぐため、必ずスパチュラなどを使用しましょう。
  • ふたをきっちりと閉める
    空気に触れて「酸化」が起きるのを防ぐため、ふたはきちんと閉め、容器の口に中身がついている場合はこまめにふき取りましょう。
  • 保管場所を適切に
    空気の入れ替えができず温度が高くなりやすい場所は避け、なるべく一定の温度で保管しましょう。

さらに、下記の3点を注意して、化粧品の品質を上手にキープし使いこなしましょう。

  1. 酸化防止
  2. 清潔
  3. 温度調整

こんな状態の化粧品は要注意!

もったいない、でもこんな風な変化を感じたら、使用をやめましょう。

  • 変色
    白いクリームが明らかに黄色くなったり、透き通った液体が濁り始めたりしたら危険 です。
  • 匂い
    口紅やグロスなど、唇に直接つけるもの等は腐敗して匂いが発生しやすくなります。 また、ジャータイプのクリームをお風呂で保管している人は細菌が繁殖しやすいので要注意です。
  • 分離
    乳化剤で成分が混ざり合っているからこその化粧品の機能ですので、明らかに水分と固形物のように分離している場合は使用を控えましょう。
    ※使用前に振って混ぜるタイプのものは大丈夫です。
  • テクスチャーの変化
    ざらつき、もたつき、脂っぽいなど、使用感の変化を感じたら中の成分が変質している証拠です。

「期限を全く気にすることがなかった」「この機会にすべて新しいものに変えたい」という方もいらっしゃるのでは?

肌のコンディションをよくするために使っているのに、かえって悪影響を及ぼすものにならないよう、正しい使い方、保存の仕方をマスターしましょう。

開封後の使用期限マックスまで化粧品の質を保つのが綺麗なお肌を作るコツでもあるのですね。

皮膚の専門家のスキンケアはこう選ぶ!