梅雨時期は要注意! 顔のむくみはツボ押し・リンパマッサージで解消

まぶたが腫れぼったい、輪郭が違う!

朝、鏡の前で顔のむくみに気が付く方も多いと思います。顔のむくみの原因は、水分や老廃物の溜り、血行不良が原因。特に梅雨時期や初夏は、自律神経の乱れからむくみが発生しやすいといわれています。ツボ押しやマッサージを日々のスキンケアで取り入れて、梅雨時期・夏のむくみを撃退しましょう!

なぜ梅雨や初夏にむくみやすくなるの?

むくみの原因は余分な水分や老廃物が溜まることですが、なぜ梅雨や初夏に起こりやすくなるのでしょうか。

梅雨時期は寒暖差が激しく、気圧も低くなります。これにより自律神経の乱れ、血液の流れや水分の代謝が悪くなります。その上、湿度が高うため、水分代謝も下がりがちに…。その結果顔がむくんでしまうのです。

夏は暑くて汗をかくから、ついつい塩分を取りがちになります。さらに冷房の効いた部屋で身体の末端は冷えた状態になっています。冷えは血行不良、血行不良はむくみの原因になります。このような生活を繰り返していると、慢性的なむくみが起こってしまうのです。

「むくみ」っていったい何?

顔のむくみはツボ押しやリンパマッサージで解消!

余分な水分や老廃物を流し血行を促進するリンパマッサージに加え、目の周りはツボ押しで刺激するといいでしょう。血流をよくするためにも、むくんでいる部分だけを集中的にやるより、顔全体を流すマッサージが断然効果的です。
まず首のリンパから流し、顎~頬、目などを丁寧にマッサージ・ツボ押ししていきましょう。「フェイスラインすっきり!たるみ撲滅3分マッサージ」は 顔のたるみのためのマッサージですが、顔のむくみ対策にも大きな効果があります。3分で手軽にできるというのも魅力的ですね。

マッサージをするときは摩擦に注意

リンパマッサージやツボ押しをする際の摩擦は、肌に活性酸素を発生させ、肌老化の原因になります。リンパマッサージやツボ押しを行うときは、摩擦で肌に負担をかけないためにクリームやゲルを上手に使いましょう。浸透力の高いオールインワンゲルは特におすすめです。

日常生活を見直して、むくまない身体になろう

食事や水分の摂り方を改善

顔がむむたびにマッサージをする…。これを繰り返しても根本的な改善にはなりません。生活の改善もしっかり行いましょう。顔のむくみが慢性化すると、肌の老化や顔のたるみなどの肌悩みも加速させてしまいます。水分摂取や食事のコントロールをして、すっきり小顔を目指しましょう。

塩分や糖分と摂りすぎない

例えば一気にポテトチップスを一袋食べてしまう、毎日ケーキなど甘いものをたっぷり食べるなどは絶対NGです。塩分や糖分は控えめにし、野菜中心の健康的な食事を心がけましょう。

冷房は控えめに

暑いからといって強い冷房をしていると、体のあちこちで血行不良が起こりむくみの原因になります。冷房は28℃前後にし、弱い風を当てるなどして冷やしすぎないように注意しましょう。

意識してトイレに行き、水分も補給

忙しいとついついトイレの回数も減ってしまいます。意識的にトイレに行き、その都度水分も補給して、水分代謝を意識しながら生活しましょう。水分が常にめぐっているようにすれば、細胞間に水分が滞る「むくみ」は発生しにくくなります。

適度な運動など体を動かすことも、水分代謝を上げてくれるのでおすすめです。